受付時間

春風堂接骨院 石神井公園院 03-6913-1878

アクセス

肋間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 原因もないのに突然わき腹が痛い
  • 大きく息を吸い込むとわき腹が痛い
  • 上半身を動かすとわき腹が痛い
  • 咳をするとわき腹が痛い
  • 物を持ち上げるときにわき腹が痛い

肋間神経痛とは?|春風堂接骨院 石神井公園院

背骨から肋骨に沿った痛みが主な症状です。痛みも激痛から鈍痛、筋肉痛のような感じを訴える方もいらっしゃいます。肋骨と肋骨の間には脊髄から肋間神経が走っていて何らかの原因で肋間神経を圧迫してしまい痛みが出てきてしまいます。

疼痛誘発動作としては深呼吸や咳、大きな声、身体を捻るなどで痛みが出てきます。酷い場合は洋服が皮膚に触れただけでも痛みが出てきてしまうこともあります。

中には注意が必要な肋間神経痛もあります。代表的なものとしては帯状疱疹や狭心症などの心疾患などです。帯状疱疹は子供の頃の水疱瘡のウィルスが神経の中に残っていて免疫力が低下した時に症状が出現します。

この場合は肋骨に沿って皮膚に水疱が出てきます。これは皮膚科や内科の医師に診てもらうことをお勧めします。

心疾患は関連痛として肋間神経痛と同じような症状が出てきますが、その他に胸が苦しくなったり違和感が合ったり、息切れしやすいなどの症状が一緒に出てきますので肋間神経痛以外のこのような症状がある方は一度病院へ掛かってください。

肋間神経痛の原因とは?|春風堂接骨院 石神井公園院

肋間神経痛の原因には大きく分けて2つあります。1つは原発性肋間神経痛、2つ目は続発性肋間神経痛です。

原発性肋間神経痛は強いストレスを感じた時や長時間同じ姿勢続いたり、肩こりが強くなったときに症状が出てきてしまいます。続発性肋間神経痛は帯状疱疹や肋骨骨折、胸椎ヘルニアなどが原因で身体を動かした際に症状が出てきます。

当院の肋間神経痛施術方法|春風堂接骨院 石神井公園院

原発性肋間神経痛が施術の対象になってきます。原発性肋間神経痛は多くの場合姿勢不良が原因で、姿勢不良により骨格・背骨が歪んでしまい、肋間神経が圧迫されてしまい症状が出てきてしまいます。

当院で多いのは猫背や肩の高さが左右で違う姿勢の悪い方です。このような方は骨格・背骨の歪みが原因で肋骨と肋骨の間が狭くなってしまい肋間神経が圧迫されてしまうリスクが非常に高く神経痛が出てきてしまいます。

当院での施術方法は歪んでしまった骨格(上部胸椎)の矯正をします。

上部胸椎を正しい位置に戻すと、肋骨も正常な位置に戻ってきます。そして歪みの原因になっている筋肉の硬さを取っていき身体が歪みにくい状態にしていきます。最終的には正しい姿勢を保てるように筋力強化をしていただきます。筋力強化は当院で指導していきますが、ご自身で筋トレが出来ない場合はEMS(コアレ)を使い筋力強化のお手伝いをさせていただきますので遠慮なくお声がけください。

春風堂接骨院 石神井公園院

春風堂接骨院 石神井公園院 03-6913-1878

住所
〒177-0041 東京都練馬区石神井町4-3-15カーサヴェルデ
アクセス
石神井公園駅から徒歩3分、練馬高野台駅から徒歩16分

受付時間