受付時間

春風堂接骨院 石神井公園院 03-6913-1878

アクセス

スタッフブログ

近年よく耳にする筋膜と筋膜リリース やると何が改善される?|練馬区の春風堂接骨院 石神井公園院

近年よく耳にする筋膜と筋膜リリース やると何が改善される?

こんにちは!春風堂接骨院石神井公園院です!!

筋膜リリースと言う言葉を耳にしたことはあるけれど、筋膜とはそもそも何だろう...と思う方いらっしゃると思います。

春風堂接骨院石神井公園院が説明させて頂きたいと思います。

筋肉がスムーズに動くためには、筋膜のすべりの良さが必要です。筋膜を柔らかくし、すべりを良くして、解きほぐすことを筋膜リリースと言います。

筋膜リリースを行うことにより、筋肉の柔軟性をひきだし、関節の可動域を拡大します。筋膜の萎縮、癒着を引きはがしたり、こすったりすることで、正常な状態に戻すことを言います。筋膜リリースが時に筋膜はがしと翻訳されて呼ばれる理由がここにあります。

従来は、アイロンを使用するように、両手を使って皮膚表面を引きはがしたり、指で筋膜同士を引きはがしたり、手のひらで擦るようにマッサージし、筋膜リリースを行なっていました。この方法は高度な技術が必要で、時間もかかるものでした。しかも、筋肉本体は一時的に柔軟性を取り戻しても、筋膜の柔軟性がなければ、時間の経過とともに再び筋膜、筋肉は萎縮してしまいます。

 

筋膜組織の機能回復を図るためには、物理的に圧迫、刺激を加え、筋膜の乱れを取り除くことが必要です。春風堂接骨院石神井公園院では血流改善という 膝から下の施術もしています。気になる方は是非春風堂接骨院石神井公園院にお越しください。

筋肉は筋膜という薄い組織膜に包み込まれていて、筋膜に包まれた筋肉は、さらにグル-プごとに筋膜に包まれてます。ウェットスーツのように身体全体に張り巡らされ、表層から深層まで立体的に包み込むため、組織を支える第二の骨格であると言われています。

筋膜は筋全体を覆っている最外層の筋外膜、いくつかの筋線維を束ねて覆っている筋周膜、さらに筋線維1本1本を包む内膜との3種類に分けられます。この筋膜は柔らかい組織なので、萎縮、癒着しやすい特徴があります。この筋膜の萎縮や癒着が時にこりや痛みを招き筋肉の柔軟性を損なう原因になります。春風堂接骨院石神井公園院ではそんなコリにお悩みの方も施術しています。

筋膜の役割は?

各組織を包み込み、組織と組織の間に仕切りを作り分けると同時に結び付け身体の姿勢を保つ役割を持ってます。組織同士がこすれ合うことで生じる摩擦から保護したり、筋線維を包んでる3つ(筋外膜、筋周膜、筋内膜)に構成された構造から、筋線維の動きを支え、力の伝達を行なっています。

筋膜自体はコラーゲンでできており、85%が水分です。水分不足やストレス、同じ姿勢での長時間作業(パソコンやデスクワークなど)筋肉の柔軟性の低下などにより筋膜同士が癒着してしまい、筋肉自体の動きを阻害してしまいます。

例えば腰や背中に痛みやコリのある方は、お尻や太腿、股関節部位などの痛みのある部分の周りの筋膜リリースすることによって、症状を改善することが出来ます。肩などの痛みなども同様で、肩甲骨や首、腕やわきの下などの筋膜リリースすることによって改善することが出来ます。

筋膜はがしは体の動きをスムーズにしてくれるので、身体のメンテナンスを行なう上でも効果的です。

練馬区春風堂接骨院 石神井公園院

〒177-0041 東京都練馬区石神井町4-3-15カーサヴェルデ

TEL 03-6913-1878   

   https://shakujiikoen-shunpudo.com/

春風堂接骨院 石神井公園院

春風堂接骨院 石神井公園院 03-6913-1878

住所
〒177-0041 東京都練馬区石神井町4-3-15カーサヴェルデ
アクセス
石神井公園駅から徒歩3分、練馬高野台駅から徒歩16分

受付時間